いじめを乗り越えて人生を幸せに生きるための方法

いじめ体験、その後遺症をどう乗り越えてきたか、人生を幸せに生き直すためのコツを紹介しています。

いじめ体験を振り返って

まとめ

私が自分の人生を通じていじめや差別を経験したのは、自分自身に対する自己愛が失われた結果であったと思いました。 この世でいじめや差別を経験するには、自分のことをとことん嫌いになり虐げる気持ちを持つとそのような現実を体験できるということがわかり…

心の中の愛と世界の愛は比例している

私は、朝目覚めた時、しばらくの間布団の中で考え事をしていることがあります。数年前のある日、目が覚めるといろいろなメッセージが頭の中に残っていました。 その一つは、「あなたの心の中の愛と、見ている世界の愛は比例している」というようなメッセージ…

自分はかつて人をいじめていた

私はいじめや差別にあうそれ以前に、他者にひどく悪口を言う癖がありました。 今思い出しても申し訳なく思いますが、小学校低学年の頃、私は友達だった子の悪口を交換ノートに書いたり、他の同級生たちがいじめていた子を一緒になって言葉で傷つけていました…

物事はすべて中立であった

悟りの境地に至った先人たちが共通して伝えている言葉は、「ジャッジメントを無くすこと」、「中庸」、「中立」、「ニュートラル」、「ゼロ」であるという言葉でした。 つまり、何か物事に対して、定義や判断、観念、レッテル、自分の見方をそこに当てはめる…

苦しみの果てにあったもの

私は自分の精神が病み、苦しみの渦中にあった時、この苦しみの先には同じ苦しみが永遠に続くか、もしくは絶望か、死しかないと思っていました。 苦しみというのは直線で、その先は奈落の底へと続く崖になっていると思っていました。 でも、実際には私が精神…

いじめられる人生とは その2

例えば、自分がこのような人生を青写真として生前に生きることを知っていたとして、自分がこの世に生まれることを選んでいたとしたら、どういう気持ちでこの人生の一連の流れを受け止め、そのことを決断したのだろうと思いました。 人生の醍醐味とは、善いこ…

いじめられる人生とは その1

私の人生で体験した出来事、思いなどをこれまで書いてきて人によっては、 「よくそんな辛い人生を生きてきたな。」「とても真似したい生き方じゃない。」「自分だったらそんな人生を生きるのはまっぴらごめんだ。」 などという感想を持つ人もいるかもしれま…

強い自分を手に入れた

私は、いじめや差別の体験の中、本当に心が疲弊し、何度も自殺を考えることがありました。 具体的にどこでどんな方法で死ぬのかを考え、死ぬ時の痛みはどれくらいなのかを想像してみたりすることもありました。 生まれつき想像力が豊かだったおかげで、その…

嬉しい接し方

中学生の時、私が大好きだった数学の先生がいました。 私の目からはその先生が、私に対して嫌悪感や可哀想というどちらの感情も抱いていないように見えました。 私には普段そのどちらかの感情を向けられることがほとんどだったので、それ以外の私に対する接…

接し方について学んだこと

私は、自分がいじめを体験したことによって、それまで知らなかった様々なことを学ぶことができました。 その一つに接し方というのがあります。 いじめにあっていた当時、私に対していろいろな人が異なる反応、接し方をしていました。 例えば、私をただ差別し…

いじめられてわかったこと

私は、いじめられてわかったことがいくつもあります。 その一つは、いじめられるとどんな気持ちになるかということでした。 これは、本当にいじめられてみないとわからないことだと思いました。 そのことで、これから先私は今まで以上に人に対して優しくなれ…