いじめを乗り越えて人生を幸せに生きるための方法

いじめ体験、その後遺症をどう乗り越えてきたか、人生を幸せに生き直すためのコツを紹介しています。

悔い改めてほしい?

hu私は、心のどこかで
いじめる人たちが私にしてきたことを悔い改めて欲しいとも思っていました。

 

でも、そのために私が自殺した後、その人たちが絶対悔い改めるとはとても信じられませんでした。

 

その時にはもう私はこの世にいません。

 

私が自殺したら、一番そのことをを知りたい私が
それを知ることができなくなってしまうと思いました。

 

それに、最悪の場合、私が自殺したとしても、
いじめる人たちが今度はまた別の誰かをいじめ出す可能性もあると思いました。

 

そうなると私の死は無駄死にになるのではないか?

 

私が自殺しても、その人たちは痛くも痒くもないかもしれないと思いました。

 

だから、自殺することがいじめる人たちを悔い改めさせるきっかけになるとは
正直思えませんでした。

 

なぜなら、誰かが自殺しないと、その人たちは自分の過ちに気づけないのだとしたら、
あと何人の人が同じように自殺すればいいのだろうと思えたからでした。

 

世界中にいるいじめっ子を、すべて改心させるには、後、何千、何万、それ以上かもしれないけれど、それくらいの人が自殺して、いじめっ子に見せつけないといけないということになるからです。


それはどこかおかしいな話です。

 

自殺することがいじめる人を悔い改めさせる有効なやり方ではないということが
そのことからわかりました。

 

自殺しても、いじめる人たちが悔い改めるとは限らないし、
その方法では結局もっと悲劇を生むことになるという気がしました。