いじめを乗り越えて人生を幸せに生きるための方法

いじめ体験、その後遺症をどう乗り越えてきたか、人生を幸せに生き直すためのコツを紹介しています。

自殺は殺人と一緒なのか?

私は、自殺することは自分への裏切りになるように思えました。

 

自分で自分を殺すなんてあまりにもひど過ぎると思ったからです。

 

私は生まれてしばらくの間は全く自殺しようなんて思わずに、
生きることがあたり前と思って生きてきました。

 

でも、ある時期から自殺した方が楽だと思い始めて、
自分を殺そうという計画を立て始めるなんて、
今思ってもゾッとするような話に聞こえます。

 

これまでそんなことを考えもしなかった自分が、
ある日突然自分を殺そうとする殺人鬼に豹変するということだからです。

 

それに、もし私が他人を殺したら、
この世では殺人罪で刑務所送りになります。

 

でも、自殺しても殺人罪には問われません。

 

自分という一人の人間を殺しているということには変わりはないのに、
なぜなのか疑問を抱きました。

 

私は、段々と自殺をするということは、
自分を殺すという意味で殺人犯になることと一緒だと思えてきました。

 

私は本気で自分殺しの殺人犯になりたいの?

 

苦しみから抜け出すために、自分のことを殺すって優しさなの?

 

自分のことを本当に思いやっての決断なの?

 

そのことで、自分は心から喜んでいるの?

 

本当は、自殺はしたくないけど、自殺するしか方法がないと思っているから
そう思うんじゃないの?

 

という気がしてきました。

 

他に今の苦しみから抜け出せる方法があれば、
きっと私は自殺以外の方法を選ぶはずだと思いました。

 

それでも、数ある選択肢の中から、
自殺が最善だというのならその絶対的な理由とは何か?

 

自殺が選択肢の一つとして出てくることはあるかもしれないけれど、
それが一番よいことだとはとても思えませんでした。

 

それに私は自分の命は自分だけのものだと言えるのか?

 

私に自分を殺す権利があるのか?

 

ということにも疑問を抱きました。

 

また、自分を殺す時と他人を殺す時、それを決めて実行しようとするときの
意志の力に差がないように思えました。

 

一人の人間を殺すことを決断する、
つまり殺意を持つという点では同じように思えました。

 

 

私はそのことから自殺も他殺もやっていることは結局同じだいう気がしました。

 

極論に聞こえるかもしれませんが、

 

自分を殺せる人間は他人も殺せるし、
他人を殺せる人間は自分も殺せるのかもしれない

 

私は、そんなことを思うようになりました。

 

一瞬信じたくないと思ったけれど、
私の中にはそういった闇の側面、本性が隠れていたことに気づきました。

 

私は自殺をするということが
一体どういうことなのか、向き合っていく中で
自分の内面に潜む残虐な部分、心の闇を見ることになったのでした。