いじめを乗り越えて人生を幸せに生きるための方法

いじめ体験、その後遺症をどう乗り越えてきたか、人生を幸せに生き直すためのコツを紹介しています。

インナーチャイルドの願いを満たす

誰の心の中にも「インナーチャイルド」がいます。


これは心理学用語ですが、
一人一人の中にある「内なる子ども」の側面のことを指します。

 

インナーチャイルドは一番自分自身に理解されたがっています。

 

そして、理解してもらえた時とても喜びます。

 

それがインナーチャイルドにとって一番欲しいものだからです。

 

そして、その時なぜか心地よい、幸せと感じられます。

 

私はそのインナーチャイルドの声を聞いていくうちに
こんなことを求めているということがわかってきました。

 

「いつも自分の味方でいて欲しい。」

 

「どんな時も自分を守って欲しい。」

 

「いつも変わらず優しく接してくれると信じさせて欲しい。」

 

「安心させて欲しい。」

 

「どんな時も自分を幸せにしてくれると約束して欲しい。」

 

「自分を見捨てないで欲しい。」

 

私はそれを知るようになってから、
少しずつそれを満たしてあげるような生き方を選ぶようになっていきました。

 

また、自分が本当に好きなことをやるということもインナーチャイルドを喜ばせることに繋がるということに気づきました。

 

単純なことですが、好きなことをやっている時というのは幸せを感じ、
時を忘れて夢中になっていたりもします。

 

そして、好きなことをやり続けていると、上達、成長も自然と早くなります。

 

すると、徐々にその人の魅力が増していきます。


それは自分自身にとっての自信にもなります。

 

やがて、そんな自分が周囲からも認められるようになってきます。


そのことで自己肯定感が高まり、 

自分自身に抱くセルフイメージがどんどん上がっていきます。

 

自己愛も高まり、自分のことがもっと好きになっています。

 

そのことでポジティブな出来事が頻繁に自分の身に起きるようになっていきます。

 

幸せを感じられることが増え、自分がますます好きになり、
より一層自信がつきます。

 

気がつけば、運気の上昇気流にいつの間にか乗っています。

 

幸せのループに入り、幸せ街道一直線!となっているのです。

 

つまり、自分を幸せにするということは、
実は自分の心の中にいるインナーチャイルドの願いを
満たしてあげるということでもあるのだと気づきました。

 

私は、それが幸せに生きる一つの方法であると思っています。